メニュー

振音美容セラピーって何?

 

音響療法とは?

〜細胞は全て固有の周波数を持ち振動しています〜

 私たち人間の体は、60兆個の細胞から骨や筋肉、臓器をはじめとする諸器官を構成しています。諸器官を構成している細胞の最小単位の素粒子は回転(スピン)しており、粒子から造られる陽子や中性子そして原子、さらに原子の周りには電子が回り、これらの全ての段階でその物質固有の周波数があり振動しているのです。

 

〜心地良い5つの周波数〜

 ドイツにおける音の周波数の解析の研究結果から、人体を構成する各器官の周波数は5つの周波数からできており、生きている生命体はそれらが動的構成を成していることをつきとめました。聴いていると、心地よい音に自然とリラックスし、安心感に包まれていきます。

 

〜振音が自然治癒力を高めます〜

 どこか体の調子を崩したりすると、その部位本来の音(周波数)が乱れ不調和を起こしてしまいます。 振音美容はその不調和を起こしている部位に正常な音をアプリケーターによりあてることによって、乱れた周波数を共鳴・共振の作用で正常に戻し、体の自然治癒力を高める音による療法です。

音響療法の開発者

Dr.Sir Peter Manners〜Dr.Sir Peter Manners〜

 音響療法の創設者であり第一人者サー・ピーター・ガイ・マナーズ博士。オックスフォード大学、ソルボンヌ大学、ハイデルベルグ大学を卒業し、オステオパシーと電磁気医療で学位と、医師の資格を取得しています。ハンス・ジェニー博士との共同研究、ハロルド・サクストン・バー教授との書簡による共同作業、更には第二次世界大戦終結までドイツにおいて研究されていた、人体内周波数の基礎的データを受け継ぎ、これらを人間の医療分野へ「音響療法」として発展させました。

音響装置

 

経絡とは

 古代中国の医学において、人体の中の生命の営み、気血の通り道として考え出されたものです。気血がスムーズに流れることで健康が保たれ、これら気血の過不足や渋滞によって健康が損なわれていくと考えられています。また故・月乃桂子氏によって考案された「ケイラク美容」で経絡と美について習得したものも振音美容セラピーには取り入れられています。

理学美容とは

 理学美容の創設者、故・川崎亨二氏は東洋と西洋の医学・哲学・文化を融合させた「健康美学」を研究・分析しており、川崎亨二氏の元で学んだ「美容を科学しよう」の理念が、この振音美容の核となっています。


 

メニュー